光ファイバーってそもそもどんなもの?

光ファイバーとは、そもそも通信ケーブルのことを指し、光の透過率の高い石英ガラスやプラスチックを使った伝送路です。
ケーブルの外側と内側で屈折率を変えることで、中心部に光を集める構造になっています。
その損失は1kmあたり数パーセントで、この比率を低くする努力が、長距離ネットワーク構築には求められます。
こうした技術を使った回線サービスを、ADSLなど他のサービスと並べて、光ファイバーと呼んだりもします。
このインターネット回線の特長は、その技術に由来する通信速度にあり、上り下り双方が最大1Gbpsの速度を出すことが可能です。
考慮すべきはその価格と提供エリアであり、割高な利用費と地域に来るかどうかをクリアしておく必要はあります。